焼き鳥とワインの相性

焼き鳥とワインの相性

焼き鳥に合うお酒と言えば、まず真っ先に思い浮かぶのがビールです。

 

おそらく多くの方が同じイメージを持っていると思いますが、
実は最近焼き鳥との組み合わせでブームになっているお酒があることをご存知でしょうか。

 

そのお酒とは「ワイン」のことです。

 

今巷では、焼き鳥とワインという組み合わせが大変な人気を得ているのです。

 

そもそもことの始まりは、ワインを気軽に飲めるお店が増えたことに拠ります。
カウンタービストロを初めとしたワインをお手軽価格で飲めるお店に
お酒好きの男性たちが通うようになり、
ワインが以前よりも身近なものとなったのです。

 

そして、こうした流れを受けて居酒屋や焼き鳥店においても
ワインをメニューに加えるようになり、
徐々にワインを片手に焼き鳥を食べるという方が増えてきたのです。

 

ところで、そもそもワインと焼き鳥と言うのは組み合わせとしてマッチするのでしょうか。

 

おそらくこの点は多くの方が疑問に思っていると思いますが、
実はこれが意外に合うのです。

 

というのも、焼き鳥というのは牛肉や豚肉と比べて脂肪分は低いのですが、
旨味は十分に詰まっているのです。

 

また肉の部位や味付け、
そしてワインの種類によって非常に多くの組み合わせを楽しめるため、
食べる量が多くても飽きが来ないというところもこの組み合わせの良い点です。

 

最後に焼き鳥とワインの合わせ方について触れますと、
まず塩だけのオーソドックスな味付けであれば白ワインやスパークリングワインが合います。

 

そして醤油やタレといった濃い目の味付けであればロゼがピッタリで、
肝を食べる際には軽めの赤ワインがおススメです。

 

 

関連ページ

焼き鳥の歴史を知ろう
焼き鳥の歴史を知ろう
焼き鳥はとってもヘルシー
焼き鳥はとってもヘルシー